性行為によって感染|よく効くフロントラインシリーズでペットを治していこう

よく効くフロントラインシリーズでペットを治していこう

性行為によって感染

コップと薬

性行為によっておとずれてしまう病気にも色々な種類があります。
気を抜いてしまうと誰でも性行為で病気を患うので、あなたも気をつけていきましょう。

とくになかでも「淋病」とよばれる性感染症は非常に多くの人にみられる病気だと思います。
その感染率は脅威の30%なので、ずばりおよそ3回に1回の性行為で誰でも淋病になる可能性があるわけです。
そしてもっといえば淋病を患うのとまったくおなじタイミングでクラミジアも抱き合わせのように感染するおそれがあります。
淋病とクラミジアはどちらもよく似ている性感染症ですが、一応菌の種類が違うのでまったく別物だと思っておいてください。

ではそんな淋病にはどのような症状がみられるのか?
症状については女性と男性で異なります。
たとえば女性だと子宮あたりに炎症を起こすようになるのです。
おりものも増加するようになり、しかもそこから悪臭を放つようになるのでこれは女性としてはなんとかしたいところでしょう。

一方で男性の場合は尿道の痛みを感じる場合があります。
さらに膿まで出てくるようになるので、そのままの状態ではきっとつらくなってしまうでしょう。
さらに淋病によって無精子症に陥る可能性もあります。

じゃあ淋病になってしまったらどうすればいいのか?
一般的にはジスロマックなどの抗生物質を使うことでなんとか治せます。
治療期間は早くて数日、遅くても2週間くらいでちゃんと治せるので安心してください。
ただし最近はそんなジスロマックなどの薬にも耐性を持つ菌が出てくるようになったので、まずは医師との相談をしてみましょう。