これで白内障も予防|よく効くフロントラインシリーズでペットを治していこう

よく効くフロントラインシリーズでペットを治していこう

これで白内障も予防

色んな種類の薬

病気といえば多くの人にみられるのが「白内障」です。
白内障は簡単にいえば眼球の水晶体が白く濁ることを指します。
水晶体というのは本来カメラのレンズとおなじような働きをしていますが、それが白く濁るので当然そうなるとみえなくなります。
当然そのままじっとしていても治ることはなく、むしろさらに白く濁っていくだけなので早急に対処する必要があるでしょう。

そして白内障は人間だけではなく犬や猫にもみられるようになってきました。
犬も人間同様おなじような理由で白内障になりますが、犬の場合は糖尿病などの病気から白内障につながるケースがあります。
そしてさらに犬の種族によっても白内障にかかる可能性が変わるので、もしかしたらあなたの犬もその可能性があるかもしれませんね。
また猫の場合は人間や犬よりもそこまで白内障にかかることありませんが、もちろん可能性はゼロではないです。
ただ猫は主に交通事故だったり、目に異物が入ったときなどに起こる炎症によって白内障になる可能性が出てきます。
他にも子猫時代に栄養不足になりがちだった猫の場合も将来的に白内障を患うことがあるでしょう。

では白内障を治療するためのいい方法はないのか?
方法としては主に「手術」をするパターンか「点眼薬」を使うパターンのふたつに絞られます。
もし深刻な白内障の場合は手術をした方がいいですし、まだ軽度であれば点眼薬を使った方がおすすめです。
点眼薬については今動物も人間も共通して使える「シーナック」が個人輸入代行業者の通販サイトに売られているので、是非買っておくといいでしょう。

シーナックは点眼薬のなかでもジェネリックなので安く、気軽に手に取っていただけます。
もしも迷ったときはシーナックを選ぶのが一番無難だといえるでしょう。