死に追いやられる病気|よく効くフロントラインシリーズでペットを治していこう

よく効くフロントラインシリーズでペットを治していこう

死に追いやられる病気

白い錠剤

主に犬によく発生すると言われている病気のなかで、一番危険度の高い病気がずばり「フィラリア症」だといっても過言ではありません。
フィラリアは常にあなたのペットを狙い続けているので、けして気を抜けない病気になります。

ではそもそもフィラリアはどこからあなたのペットにやってくるのか?
じつはその原因として蚊の存在が挙げられます。
蚊にもいろんな種類がいますが、蚊によってはフィラリアの幼虫を体内に忍ばせていることがよくあります。
もしフィラリアの幼虫をもつ蚊に刺されてしまうようなことがあれば、どんな犬も必ずフィラリア症にかかってしまうわけです。

しかしフィラリアの幼虫は実際に体内に入ってからすぐに活動することがありません。
長い時間をかけてその場でずっと脱皮を繰り返していきます。
そして最終的に成虫になってから、本格的に活動を開始します。
このときに血管のなかに入り込むようになるのですが、この段階に来るまでに治療薬でなんとかしないと手遅れになってしまいます。
血管のなかに入ったフィラリアはどんな治療薬でも効かず、そのまままっすぐ心臓まで一直線で進んでしまいます。
心臓についたらずっとそこに住みつき、さらには子供まで生むようになるのでフィラリア症に感染された犬はもう終わりです。

あなたの愛犬が取り返しのつかない状態になる前に、必ずレボリューションやアドボケートなどの治療薬を購入しておきましょう。
フィラリアは放置すると怖いですが、治療薬さえ投与すればまず蝕まれてしまうようなことはありません。
常に投与することを欠かさないようにしておけば安心していいでしょう。